ダイエットで汗をかきやすくなったと感じたら | ダイエット中に知っておくといい話

ダイエットで汗をかきやすくなったと感じたら

ダイエットと運動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もともと汗をかきにくい体質だったのにダイエットを始めてからかきやすくなったという声を聞くことがあります。汗をかきやすくなるというのはいいことなのか、デメリットなどはないのか考えていきたいと思います。

ダイエットで汗をかきやすくなる理由

ダイエットにはいろんな方法がありますが、その中でも特に筋トレをメインに行った場合、汗をかきやすくなります。

筋トレは継続することで筋肉量が増えるといわれていますが、筋肉量が増えると代謝が上がるため汗の量が増えるのです。

筋肉量はたんぱく質の摂取など食事管理と組み合わせることで増えやすくなるため、代謝もより上がりやすくなります。

その他、ジョギングやバイクなどの有酸素運動も多くの筋肉を使うため代謝が上がり汗の量も多くなります。

脂肪が燃えると汗をかきやすくなる

代謝が上がると汗をかきやすくなるだけではなく、脂肪燃焼効果も高まることがわかっています。

もしダイエットを始めたことで汗をかきやすくなったというのであれば、それは、「ちゃんと脂肪が燃えている」と考えてOKです。

代謝が上がるとどうなる?
  • 脂肪燃焼効果が高まる
  • 汗をかきやすくなる
  • 太りにくい身体になる
  • 体温を高く保てるようになる
  • 血行が良くなる
  • むくみにくくなる

代謝が上がると体に良い様々な効果を得ることができます。ダイエットにももちろんいいことですが、身体を健康に保つためにも代謝はどんどん上げていきましょう୧(๑›◡‹ ๑)୨

代謝が悪くて汗をかきやすくなることも

今までは代謝が上がることで汗をかきやすくなるというお話をしましたが、実は、逆に代謝が悪いせいで起こる発汗もあります。

肥満体型の人

肥満の人は代謝が低く皮下脂肪が多い状態なので、体温が上昇した時に放熱しにくくなり汗をかきやすくなります。これは、内臓脂肪がたまる隠れ肥満の人にも当てはまります。

しかし、こういった場合は、ダイエットを続けた結果起こるものではなく、初日から起こることが多いです。

運動不足

運動不足の日々が続くと代謝が落ち発汗機能も衰えて、うまく汗をかけない症状に陥ることがあります。そういった人は、わきの下や背中、足の裏など特定の場所によく汗をかく傾向にあるため、「急に汗かきになったな」と感じることも。

発汗機能は運動を続けることで回復していきます。

冷え性

「冷え性」と「汗かき」は一見関係ないように思えますが、実はどちらの症状もあるという人は少なくありません。

代謝が落ちると血行不良になります。血行不良になると、血液が身体をうまく循環しにくくなり冷え性の症状が起きますが、それと同時に体内に水分がたまりやすい状況にもなります。

人は体内の水分を出すために熱を上げて発汗が生じるのですが、このときにたくさん汗が出ます。

ストレス

ストレスの中でも主に緊張することで汗をたくさんかいてしまうという人がいます。汗をかく場所はだいたい決まっていて、手のひらや足の裏が一番多く、その他わきの下や顔などに多いタイプがあります。

もし、運動を始めたことでこのような症状が出てしまった場合には、何かストレスが関係している可能性があります。

基本的に、ダイエットを続けた結果汗をかきやすくなったという場合は、しっかりと脂肪が燃焼されていると考えてOKですが、上のどれかに該当するようなときはそうじゃないこともあるので見極めが大切になります。

基礎代謝や筋肉量を定期的に測定するといい

汗をかきやすくなった理由をはっきりさせる方法として、基礎代謝や筋肉量を測定するという方法があります。

タニタやオムロンなどから発売されている体重計には、基礎代謝や筋肉量を測れるものがあるのでそれを利用するのもひとつの手です。

オムロン 体組成計 カラダスキャン

オムロン体組成計カラダスキャン

狭い隙間にも収納できる薄さ28mmの薄型設計。登録人数は4人。最初に設定してしまえば、次からは乗るだけで自動に体重などを測定してくれます。

測定可能な項目は体重の他、体脂肪率、基礎代謝量、内臓脂肪レベル、筋肉量、身体年齢、BMI。Bluetoothで専用アプリに簡単転送可能。グラフで変化量を確認できます。ヘルスケアとの連携も可能。

タニタ 体組成計

タニタ 体組成計

Bluetooth対応のタニタ体組成計。最先端BIA測定技術採用で、素早く正確な体組成分析が可能です。オムロンと同じく専用アプリで数値を確認できるため、毎日の健康管理に役立ちます。

タニタのスマホアプリ

測定可能な項目は、体重、BMI,体脂肪率、筋肉量、推定骨量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢。「乗るピタプラス」機能搭載で、登録者の中からあなたを自動で認識。

その他、スポーツクラブやスポーツジム、病院などにもインボディなどの体組成計が設置されている場所があるので気になる方はぜひチェックしてみてください。

気になる汗を抑えるアイテム

運動をするうえで汗をかくことはいいことなのですが、その量やにおいはやはり気になることもあると思います。そういった場合にあると便利なアイテムをご紹介します。

リバランスデオ

リバランスデオ

汗によるわきがや体臭をケアするクリーム。柿渋に含まれるポリフェノールでニオイの元を瞬時に消臭、ニオイ菌を殺菌します。汗水にも強いため、長時間の消臭効果あり。

フェノールスルホン酸亜鉛、ワレモコウエキスが毛穴を引き締め、汗の量を抑える効果もあります。100日間返金保証付き。

タイトルとURLをコピーしました