遺伝子検査キットを使ったダイエット法 | 費用やおすすめは? | ダイエット中に知っておくといい話

遺伝子検査キットを使ったダイエット法 | 費用やおすすめは?

いろんなダイエット法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の体質がわかるといわれる「遺伝子検査キット」ですが、実際のところ意味はあるのでしょうか。今回は、遺伝子検査で何がわかるのか、ダイエットに効果があるのか考えていきたいと思います。

遺伝子検査は効果がある?それとも意味がない?

ダイエットの基本は食事管理と運動ですが、実際のところ他人と同じようにやっても痩せやすい人痩せにくい人がいます。その理由は遺伝子にあるとされ、この部分は努力しても変えることができません。

肥満の要因としてあげられる環境要因と遺伝要因の比は「7:3」だとされ、環境要因の方が大きく影響していますが、残りの3割は遺伝子がかかわってきます。

もともと食事や運動でダイエットの効果が出やすい人にとっては遺伝子検査は意味がないものにはなりますが、もし、何をやっても痩せないという人には予想以上の効果を発揮することがあります。

遺伝子検査で何がわかる?

ダイエットを目的とした遺伝子検査にはたくさんの項目があり、それらを分析して自分に合った最適なダイエット法を導き出してくれます。

種類によって内容は様々ですが、遺伝子検査について何がわかるのか、基本的なものをご紹介します。

遺伝子検査でわかること

  • 自分にとって必要な栄養素が何なのかわかる
  • 自分にとって太りやすい食べ物の特徴がわかる
  • 自分に適した運動の種類がわかる
  • 自分の脂肪の付きやすい部位がわかる
  • 自分の基礎代謝が高いか低いかわかる

脂肪の付きやすい部位や基礎代謝については検査を受けなくても体組成計や普段の生活で分かる部分はありますが、それ以外はなかなか知ることができないので、あらかじめ知っておくとダイエットを効率よく進めることができますね。

肥満遺伝子の種類

肥満遺伝子にはいくつかの種類があります。形が似ていることから果物で型の名前が付けられ、将来かかりやすい病気も知ることができます。

りんご型遺伝子

リンゴ型遺伝子

日本人で一番多いのがこのリンゴ型で、男性に多くポッコリお腹になりやすい人があてはまります。基礎代謝が他の人より200kcalほど少ないため、痩せにくいという特徴があります。

リンゴ型遺伝子を持つ人は、糖分を分解するインスリンの分泌が低い傾向があるため、糖質制限ダイエットが効果的です。将来的に糖尿病、脂肪肝、高脂血症などにかかりやすいため注意が必要です。

洋ナシ型遺伝子

洋ナシ型遺伝子

日本人の4人に一人がこのタイプに分類され、比較的女性に多い傾向にあります。他の人よりも基礎代謝量が80~100kcalほど低いといわれ、腰から下の下半身に皮下脂肪がたまりやすい特徴があります。「体重は落ちても足は太いまま」という人はこの洋ナシ型遺伝子保有者かもしれません。

リンゴ型よりダイエットが結果に反映されやすいですが、食事制限による減量の効果が出にくいため、運動も取り入れる必要があります。食事は主に脂質を制限する方法をとります。

バナナ型遺伝子

バナナ型遺伝子

日本人の中では一番少ない種類の遺伝子型で、16%がこのタイプに当てはまるといわれています。他の遺伝子型の人に比べ、基礎代謝量が200kcalほど高く、ダイエット効果が出やすい特徴があります。

見た目にはすらっとしていて基本的にダイエットの必要はありませんが、筋トレやたんぱく質摂取などでも筋肉がつきにくく、一時的についてもすぐに落ちてしまう体質でもあります。

遺伝子が原因で重い病気になる可能性は低いですが、低血圧などを引き起こすことがあります。

遺伝子検査はジムやクリニックで行うことができる

肥満遺伝子検査は、皮膚科や内科などがある病院やクリニックなどで行うことができます。関東に集中していますが、地方でも受けられる場所は増えてきています。

費用はクリニックによって違いますが、約10,000~20,000円ほどかかります。遺伝子検査は1回の検査で済むので、何度も通う必要はありません。

セルフでの検査キットと違い、今後の生活習慣について医師から詳しいアドバイスを聞くことがで切るのがメリットになります。

クリニックの他にも一部スポーツジムでは遺伝子検査を行っているところがあります。一般的なスポーツクラブではなかなかないですが、会費の高いパーソナルジムでは最初のカウンセリングの段階で遺伝子検査を行っているところもあります。

2ヶ月20~40万円と費用は高いですが、科学的にトレーニングをすることができるので、効果を早く出すことができるというメリットがあります。

セルフで出来る遺伝子検査キット

遺伝子検査はキットを使うことで自分で行うこともできます。わざわざクリニックに行かなくても自宅で簡単にできるので便利です。ここでは、人気の遺伝子検査キットを2つご紹介します。

DNA SLIM DNAスリム

DNAスリム

5種類の肥満遺伝子を検査することで過食傾向、高カロリー嗜好、糖質脂質たんぱく質の代謝が苦手な体質かどうかを知ることができるキットです。

DNAスリム結果サンプル

商品の発送から検査まで委託なしで1つの会社で行うため、資料や個人情報の取り扱いにおいては安心できます。医療機関や企業、大手エステサロン、パーソナルトレーニングなどへの導入実績があり高い評判を得られています。費用は送料無料で7,425円。

DHA 遺伝子検査キット

DHA遺伝子検査キット

DHAから販売されている遺伝子検査キット。使用方法はDNAスリムと同じで頬の内側の粘膜を採取して返送します。検査結果には少し時間がかかるようで返送から2~3週間後届けられます。

DHA遺伝子結果キット結果サンプル

通常の検査結果だけではなく、それぞれの体質に対応した54パターンものオリジナルサプリメントを同封してくれるサービス付き。送料は利用するECサイトによりますが送料込みで約6,000~7,500円。

遺伝子検査のデメリット

遺伝子検査は医療行為に該当するものではないので、結果内容をそのまま病気治療に応用できるというものではありません。そのため病気を治すための自己判断に使うことはできません。

また、アレルギー体質の人や妊婦の方は一度かかりつけの医師にご相談したうえでの使用をおすすめします。

日本で販売しているものについては、人類遺伝学上で分類されている東アジア人対応ですので、それ以外の人では正確な判断ができないことがあります。

タイトルとURLをコピーしました