運動は食前と食後どっちがいい? | ダイエット中に知っておくといい話

運動は食前と食後どっちがいい?

ダイエットと運動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットをするなら、運動は是非やっておきたいところ。運動をするなら食後と食前、どちらの方が良いのでしょうか?考えていきたいと思います。

具体的なメニューについては「痩せるための運動メニュー」でまとめています。

食前の運動

食事の前に運動をする場合は、空腹で血糖値が低い状態ですので体内の脂肪がエネルギーとして使用されます。そのため、脂肪分が燃焼されるチャンスです。

しかし、あまりにも糖質を摂らずに運動すると血中のブドウ糖が不足し、貧血や手の震えなど低血糖症の症状があらわれる可能性があるため注意しましょう。運動後の食事は、失われたタンパク質やミネラルを供給するために、良質なタンパク質の含まれるものや野菜が適しています。

食事30分前に運動をするなら

消化しやすく、栄養価が高いものを摂ります。スポーツドリンク、黒酢などがおすすめ。クエン酸の豊富な梅干しや柑橘類などは、疲労回復に効果があります。

食事2時間前に運動をするなら

運動後は栄養バランスの良い食事をします。タンパク質・ビタミン・ミネラルを意識して。運動によって脂肪が燃焼された後ですので、補給した栄養は筋肉の方に送られます。早食いをせず、ゆっくりと噛んで食べて。筋肉の回復を進めるためにも、その日は十分な睡眠を取ると良いでしょう。

食後の運動

食後に運動をする場合は、空腹でも満腹でも健康に良くありません。また、食事をした直後に運動をすると、消化不良を引き起こす恐れがあるので、食後の運動はできる限り避けましょう。

食事の30分後に運動を予定している場合

すぐに消化できる果物を摂ります。バナナや野菜ジュースなどがおすすめ。ゼリー状の栄養補助食品でも良いです。

食事の1時間後に食事を予定している場合

炭水化物の補給をメインにします。おにぎりやうどんなど、脂質が低いものにします。量は小腹を満たす程度が最適。

食事の2時間後に運動を予定している場合

食べたものの消化には2~3時間かかると言われているので、2時間程度前であれば空腹感も少なく血糖値も程良い状態です。筋肉をつけたい人には、このタイミングがベスト。食事内容は、脂質を抑えてタンパク質・野菜を摂るようにしましょう。量は腹八分程度まで。

運動をするなら食前か食後2時間たってから

とにかく体重を落としたいという場合には食前に運動をするのがベストです。空腹で血糖値が低い状態なので、この時間にどんどん脂肪を燃焼していきましょう。運動メニューは有酸素運動一択。ウォーキングやランニングなど20分以上行うと効果的です。

同じダイエットでも短期間ではなく長期的にかつ健康的に体重を落としたい場合には、食後2時間経ってからの運動がおすすめです。消化が終わって血糖値も程よい状態なので筋肉がつきやすい時間帯でもあります。

筋肉を増やしながら脂肪を落とすことでリバウンドしにくいダイエットを行うことができます。

タイトルとURLをコピーしました