年代別食事制限法 | 年齢とともに低下する基礎代謝を理解すること | ダイエット中に知っておくといい話

年代別食事制限法 | 年齢とともに低下する基礎代謝を理解すること

食事と栄養
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食事制限ダイエットは、年齢性別関係なく誰でも気軽に行えるダイエット法です。しかしながら、年齢を重ねるにつれて基礎代謝量が下がっていくため、だんだと効果が出にくくなるのも事実です。

ダイエットを成功させるためには、ご自分が今どれくらいの代謝量があるか確認しながらそれに合わせた食事制限のやり方を見つけるのが前提になります。

基礎代謝量が計算できるサイトは多数ありますが、こちらのページが一番分かりやすいと思います。まだ計算されていない方は一度ご自分の基礎代謝量を知っておきましょう。

>>基礎代謝計算はこちら

食事制限を効率よく進める方法は「食事制限だけで痩せる5つの方法」についてまとめていますので気になる方はぜひ読んでみてください。

年齢別食事制限法

年代別の食事制限法をご紹介していきます。

10代のための食事制限法

10代は基礎代謝がもっとも高くダイエットの効果も出やすい時期です。お菓子の間食や下校途中のファストフードなどできる限りカットしていきましょう。

ただし、成長期でもある10代にとって無理なダイエットは絶対にNG。大きな病気につながる場合もありますので、標準体重より落とすことは避けましょう。また、知識不足による間違ったダイエット法も危険です。「○○だけで簡単に痩せられる~」などといったものには手を付けない方が無難です。

20代のための食事制限法

20代も10代とまではいきませんが、比較的努力が結果に結びつきやすい年代です。さらに、成長期も終え思う存分食事制限によるダイエットが行えますので、この時期に余分な脂肪はすべて落としてしまいましょう。

運動によるダイエットは必要ありませんが、寝る前のストレッチなどで基礎代謝量をキープするように心がけましょう。

30代のための食事制限法

30代になると徐々に基礎代謝量が落ちていきます。「食べる量は変わっていないのにお腹が出てきた」など目に見えた変化も出てくる年代です。さらに、35歳以上になると女性ホルモンの分泌も減るためちょっとしたことでは脂肪が落ちにくくなります。

食事制限だけで痩せることは可能ですが、ウォーキング程度はやっておいた方が結果に結びやすくなります。なかなか歩く機会は少ないと思いますが、1日5,000歩は歩くようにしましょう。

40代のための食事制限法

40代に入るとさらに基礎代謝は低下していきます。油断するとメタボに陥ることも。病気の心配もありますので、脂肪だけではなく糖質制限ダイエットも合わせて行うようにしましょう。ただし、更年期になると体調の変化も起きやすいので無理しないように注意してください。

50代以降のための食事制限法

50代以降は、基礎代謝のこともありますが、食事の変化により体調を崩しやすくなることも考えられますので、1日3食バランスの取れた食事をとることを心がけてください。もちろん、脂肪と脂質のとりすぎには注意してくださいね。運動と合わせてサプリメントを摂取すると効果的です。40代以降の方には糖や脂肪の吸収を抑えるサプリメントが人気です。

タイトルとURLをコピーしました